葉酸サプリが妊活・妊娠中に必要な理由は?

MENU

葉酸不足は胎児の成長に影響を及ぼす可能性あり

妊活中・妊娠中にできるだけ積極的に葉酸を摂取するように推奨されている理由の1つは、この時期に葉酸不足になると、胎児の成長に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるためです。胎児の健やかな成長のためにも、厚生労働省からも葉酸サプリの摂取が推奨されています。

 

葉酸不足は胎児の成長に影響を及ぼす可能性あり

胎児の細胞分裂に影響が!

葉酸という栄養素には、細胞の生産や再生をサポートする働きがあります。胎児は、お腹の中で盛んに細胞分裂を繰り返すことで人間としての様々な体の機能などができあがっていきますので、そんな時期に細胞の生産・産生のサポートに必要な葉酸が不足してしまうと、成長にも影響してしまうというわけです。

 

細胞分裂に影響が出てしまうと、

  • 重要な器官がうまく作られない可能性が出てくる
  • 赤ちゃんが低体重児で生まれてくるリスクが高まる

といった問題が出てきます。

 

このように、葉酸不足は赤ちゃんの細胞分裂を妨げ、時には命に関わるような事態を引き起こす恐れもあるのです。

葉酸不足で貧血に!

葉酸は造血のビタミンとしても知られています。赤血球を作るために働いてくれるため、貧血の予防にも重要な働きがあるのです。

 

妊娠中は貧血になりやすいことでも知られており、医師から鉄剤を処方されるケースも少なくありません。

 

もし、妊娠中の貧血をそのままにしていると、

  • 発育に遅れが出てくるリスクが高まる
  • 微弱陣痛など出産時のトラブルのリスクが高まる

などの問題が出てきます。

 

これらのリスクを軽減するためにも、葉酸をしっかり摂取しておく必要があるのです。

胎児を守る葉酸サプリ

葉酸不足は健やかな赤ちゃんを授かるために、非常に重要な働きをしていることが分かりますね。

  • 先天性の障害のリスクを軽減する
  • 健やかな成長をサポートする
  • 微弱陣痛などのリスクを軽減する

このように、様々な面から胎児を守ってくれるのです。

 

ですが、妊娠中に胎児を守るために必要と言われている葉酸の摂取量は、1日あたり400μg。水溶性のデリケートなビタミンである葉酸は、この量を食べ物から摂取するのは大変難しいと言われています。

 

葉酸サプリなら、しっかり1日の必要量を摂取することができ、しかも体内で効率的に活かせるように作られています。葉酸サプリは、まさにお腹の中の胎児を守るために、素晴らしい働きをしてくれる心強い味方なのですね。

 

妊娠中に起こりうる、葉酸不足による様々なリスクを回避するためにも、ママの不安を軽減するためにも、ぜひ葉酸サプリを活かしてみましょう。

葉酸サプリのランキングトップへ



関連ページ

葉酸不足でマイナートラブルが悪化!
葉酸が不足すると、困るのはお腹の中の赤ちゃんだけではありません。実は葉酸不足は、ママの体にも様々な悪影響をもたらしてしまいます。命に関わることはなくても、なんとなく不快で厄介なマイナートラブルも、葉酸不足が原因になっている可能性があるのです。
不足すると様々な病気のリスクが高まる!
葉酸が不足していたとしても、それほど大きな問題は起こらないと軽く考えてしまっている方もいます。ですが、実は葉酸不足は、時に深刻な病気のリスクを高めてしまうこともあるので、注意が必要です。
美容面でもいろいろな悪影響をもたらす!
葉酸不足は、赤ちゃんの健やかな成長を妨げたり、成人の様々な病気リスクを高めるといった悪影響をもたらすだけではありません。なんと、多くの女性にとって大きなテーマである「美容」という面でも、いろいろな悪影響が懸念されるのです。キレイを維持するためにも、葉酸はしっかり摂取していきたいですね。