葉酸は認知症予防効果が期待できる栄養素

MENU

認知症の予防効果もあり!いまからしっかり葉酸摂取

認知症はとても深刻な症状ですが、葉酸が予防に効き目があるということをご存知でしたか?妊婦さんや妊活女性ばかりに焦点が集まってしまう葉酸ですが、認知症とも大切な関係があります。早速ですがどのような効果をもたらすのか見ていきたいと思います。

 

認知症の予防効果もあり!いまからしっかり葉酸摂取

認知症と葉酸の関係とは

  • 認知症の原因
  • 神経細胞を維持する
  • ホモシステインの軽減

以上3つの点を見ていきたいと思います。

認知症になる仕組みと原因について

認知症は高齢者がなるものだと思っている方も多いと思いますが、年齢が65歳以下の場合は若年性認知症とよばれ最近はとても増えている傾向があるともいわれています。

 

年齢が若いほど認知症が進行するスピードも早いため、早期発見して対処しないといけません。そもそも認知症の原因は脳の神経細胞が不安定、または血中のホモシステインの数値が高いことが原因なります。

 

最近は葉酸との関係も注目され不足すると認知症を招くリスクが高くなるといわれています。葉酸不足は食生活の偏り、飲酒、胃腸機能の不調などが要因になり、妊婦さんの摂取に関しては今ではお馴染みになっていますよね。

葉酸は神経細胞を活発にする働きがあるため認知症にも効果

葉酸は細胞の生成を活発にする働きがあり、認知症と関連する神経細胞を健康に保つ効果があります。また造血作用がありますので脳に栄養を十分に働くためにもメリットになります。

 

認知症の原因といわれる血中のホモシステインの数値が高くなると脳の神経細胞が不安定になり、脳の萎縮を招いてしまいます。葉酸はホモシステインを低下させる働きがありますので、認知症予防にも効果が期待されています。

 

イギリスのある研究で、818人の初期の認知症の人に1日800μgの葉酸を摂取するグループとしないグループで分けたところ、摂取したグループでは原因物質になるホモシステインの数値が低下したことが結果としてわかっています。

ホモシステインを低下させ認知症予防にもつながるメリット

認知症原因となる血中ホモシステインは数値が高くなると脳梗塞のリスクも高くなってしまいます。認知症のなかにはこのような病気が原因で神経細胞の働きが低下してしまう方もいます。

 

葉酸は血液を作るために欠かせない栄養素ですが、ビタミンB12などと一緒に摂取するとさらに効果が引き出しやすくなります。病気予防のためにも毎日摂取できる葉酸サプリはとても便利な存在になりますね。

葉酸サプリのランキングトップへ



関連ページ

授乳中に葉酸サプリを飲む必要性について
妊娠中は葉酸サプリを必死に飲んでいても、産後ホッと一安心してサプリをつい忘れてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし葉酸は出産までをサポートするものでなく、産後にも色々なメリットがある栄養素なのです。そこで早速ですが葉酸サプリを産後も続ける理由について見ていきましょう。
産後の抜け毛も改善できるサプリの効果とは
出産経験のある女性なら、ほとんどの方が抜け毛や薄毛の経験があると思います。産後はホルモンの働きが不安定な時期もあり髪の健康に与える影響が色々あります。髪の艶がない、コシがないなどこれらのトラブルも葉酸が解決してくれるという話がありますがそれは本当なのでしょうか。
動脈硬化を予防する葉酸は健康促進に大切な栄養素
葉酸は妊婦さんだけでなく、病気予防としてもとても効果が期待できる栄養素です。とくに近年増えている生活習慣病ですが、なかでも深刻な動脈硬化は最悪死を招く恐れもあります。葉酸は動脈硬化の予防が期待できメリットがありますが、どのような関係があるのか早速見ていきたいと思います。
肌のトラブルが多い人には葉酸がオススメの理由とは?
肌の健康状態は妊娠すると突然変わってしまうことがありますよね。皮脂の分泌量も変わるため妊娠中はニキビやふきでもができやすくなります。また逆に乾燥が激しくかさつきやす人もいますので、妊娠中の美肌ケアはとても気になる点のひとつです。こんな肌トラブルですが葉酸サプリを飲んでいると軽減する効果があるのですが、その理由は一体なぜなのでしょうか。