葉酸サプリを飲むと尿の色が変わる気がします

MENU

尿の色が変わっても大丈夫?

妊活中で葉酸サプリを飲み初めましたが、急に尿の色が黄色くなり心配しています。これは体に合っていないということなのでしょうか?

葉酸サプリの中には、様々な成分が配合されているものもありますよね。このうち、特に尿が黄色くなるような症状が起こりやすいのは、ビタミンB群を多く含むものです。

 

ビタミンB群は水溶性のビタミンで、これが多めに摂取されると、不要な分は尿と共に排泄されるという仕組みになっています。そのため、尿の色が黄色くなってしまうのです。特に問題はありませんので、安心しましょう。

もし他に体の異常を感じた場合には、中止して医師に相談してみてください。

葉酸の正体は水溶性のビタミンB群の一種!

妊娠中に特に注目される栄養素、葉酸ですが、「そもそも葉酸って一体何なの?」という素朴な疑問を抱いている方は少なくないでしょう。実は葉酸というのは、ビタミンB群の一種なのです。

葉酸はビタミンB9

美容や健康について意識していると、ビタミンB群は積極的に摂り入れなければならないという印象が強くなってきますよね。特にビタミンB2・B6・B12などは一般的にも良く知られている栄養素です。

 

このビタミンB群には、これら3つの種類以外にも、

  • ビタミンB1(チアミン)
  • ビタミンB3(ナイアシン)
  • ビタミンB5(パントテン酸)
  • ビタミンB7(ビオチン)
  • ビタミン9(葉酸)

というものがあります。別名は聞いたことがあっても、これらがビタミンBの1種であるということを知らない方は多いのではないでしょうか?

 

葉酸に関しても、そんなあまり知られていない中の、ビタミンB群の仲間なのです。葉酸は、ビタミンB9。水溶性のビタミンB群の一種であるため、毎日継続的に摂取していくことが必要な栄養素です。

葉酸の特徴

葉酸には、いくつか特徴的な点が挙げられます。

  • 水に溶けだしやすい
  • 熱に弱い
  • 尿に溶け出す

つまりこれは、水溶性の成分であるため、普段の食生活で十分な量を摂取するのは難しいというわけですね。調理による損失が大きいうえに、尿にも溶けだしてしまいますので、体の中で有効に働くための量を摂取するためには、より効率良く取り入れていける葉酸サプリが良いということが言えます。

 

このような理由から、厚生労働省が葉酸サプリの摂取を推奨しているというわけです。

葉酸を食事から摂取するには?

葉酸は、もちろんサプリだけでなく、食事からも摂取可能な栄養素です。

 

葉酸を多く含む食品としては、

  • ほうれん草
  • いちご
  • ブロッコリー
  • レバー

といったものが挙げられます。

 

いちごなどは加熱調理せずに、そのまま食べられるので損失が少なく、効率が良いですね。また、ほうれん草などの野菜から摂取したい場合には、スープにして、汁ごといただくのが効率的です。

 

水溶性のビタミンB群の1種である葉酸は、食品からの摂取は意識しないとなかなか難しいものです。葉酸サプリと併せて、意識的に摂取してみるようにしてください。

葉酸サプリのランキングトップへ



関連ページ

葉酸は摂り過ぎても害はないですか?
葉酸は水溶性のビタミンですので、不要な分は排泄されてしまいます。ただし、葉酸サプリによる葉酸の摂取量は400μgが推奨されており、これが過剰になると副作用が起こるリスクもあると言われています。1日あたりの摂取量を守って利用する分には全く問題ありません。
薬と併用しても大丈夫ですか?
葉酸サプリはあくまでも栄養をサポートするサプリメントです。そのため、基本的には薬との併用も問題がありません。ただし、葉酸サプリには鉄分が配合されているものもあります。鉄剤と共に摂取することで、鉄分の過剰摂取になる恐れもありますので注意が必要です。
女性しか飲めないの
そもそも葉酸という栄養素ですが、これはビタミンの一種であり、人が健やかに過ごすうえで必要不可欠な栄養素の1つです。そのため、女性だから必要で男性には不要ということは無いのです。つまり男性が葉酸サプリを摂取することは、何もおかしいことではありません。
妊娠を考えない時には必要ない?
葉酸という栄養素には、細胞の生産、再生をサポートしたり、体の発育を促進する働きがあります。調理による損失が大きく、普段の食事からは摂取しにくい栄養素でもありますので、妊娠を考えない方でも、葉酸サプリを積極的に摂取してみましょう。