葉酸サプリだけ飲んでいれば大丈夫?

MENU

一緒に摂取したい栄養素とは!?

葉酸サプリは、単品で摂取しても嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。ですが、この効果をより高めるために役立つ栄養素もあるのです。ぜひ一緒に摂りいれることで、効率よく働かせたいですね。

 

ビタミンC

葉酸サプリはビタミンCと一緒に摂取すれば、吸収率がさらに高まります。また、ビタミンCには免疫力を高める働きもあるため、妊娠中のデリケートな体を守るのにも役立ってくれますね。

 

さらにビタミンCと葉酸を同時摂取していくことで、細胞が活性化され、新しい細胞が生成するのをサポートしてくれます。

 

ビタミンCを多く含む食品としては、

  • 果物類
  • イモ類

などが挙げられます。

 

ビタミンCは熱に弱く、調理の過程で多くが失われてしまうので、そのまま食べられる果物やデンプンに守られているイモ類は摂取しやすい理想的な食べ物であると言えるでしょう。

ビタミンB12

ビタミンB12は、核酸という「遺伝子情報を伝達する成分」を作る作用をアップする働きがあります。さらに赤血球を作りだすのにも役立ってくれます。これらの効果により、葉酸と共に働きかけて、胎児の健やかな成長をサポートすることができるというわけです。

 

さらにビタミンB12は葉酸の吸収を補助してくれる働きもあります。葉酸サプリの体内への吸収率が高まるため、一緒に摂取していくのが理想的なのです。

 

ビタミンB12を多く含む食品としては、

  • しじみ
  • 牛肉レバー
  • あさり
  • のり
  • 煮干し

といったものが挙げられます。

 

牛肉レバーは鉄分補給にも役立ちますし、煮干しはカルシウムもたっぷりですので、妊活中・妊娠中には葉酸サプリと共に積極的に摂取していきたいですね。

ビタミンB6

ビタミンB6は、葉酸サプリと共に摂取することで、「ホモシステイン」という成分の血中濃度を下げることができます。ホモシステインというのは、アミノ酸代謝の過程で作られる生成物で、脳こうそく・動脈硬化などを起こす原因になることがあるので注意が必要です。

 

このビタミンB6を葉酸と共に摂取することで、血液の健康を守ることができ、その結果、体調が整って妊活や妊娠中の体を健やかに維持できるというわけなのです。

 

ビタミンB6を多く含むのは、

  • まぐろ
  • にんにく
  • かつお

といった食べ物ですね。

 

妊娠中は刺激物は避けたいので、まぐろやかつおなどの海産物から積極的に摂取してみると良いでしょう。

葉酸サプリのランキングトップへ



関連ページ

飲み始めるのは妊娠前が理想!
葉酸サプリの摂取については、「妊娠してからでは遅い」という説もあります。なぜなら、葉酸を妊娠中に摂取すべきと推奨されているのは、「胎児の神経管閉鎖障害が起こるリスクを減らせるから」という理由になっているためです。「妊娠に気づく前からの摂取」が理想的ということになりますね。
飲むタイミングはいつ!?
医薬品の場合には、「食後」「食間」など、飲むタイミングについても厳しいルールが設けられているものが多いですね。葉酸サプリに関しては健康補助食品ですので、特に厳密なルールがあるわけではありませんが、せっかくなら効率よく栄養を摂り入れられるタイミングを狙いたいものです。では、葉酸サプリ摂取に理想的なタイミングはいつでしょうか?
葉酸サプリを飲み込む時は水と一緒に!
市販の葉酸サプリの中には、ラムネのような感覚で水なしでいただけるチュアブルタイプのものもあります。ですが、こちらのランキングでも紹介している人気の葉酸サプリは、基本的に水と共に摂取していくタイプになります。たっぷりの水と一緒に飲み込むことで、効果にも良い影響が期待できるのです。
継続的に安全に利用するためのコツ
葉酸サプリは、妊活中や妊娠中の体に必要不可欠な栄養素、葉酸を補給するのにピッタリなサプリです。ですが、飲み方、特に飲む量には注意していかないと、思わぬトラブルの原因になりかねません。葉酸サプリを継続的に、安全に利用していくために、コツを押さえておきましょう。