葉酸サプリは薬と併用できる?

MENU

薬と併用する場合は医師に相談を!

元々、持病を持っていらっしゃる方や、妊娠してから不調があり薬を処方されるようになった方。そういった方の場合、特に注意しなければならないのが「飲み合わせ」の問題です。葉酸サプリに関しても、薬と併用する場合には、まずは担当医にしっかりと相談して許可をもらってからにしましょう。

 

薬と併用する場合は医師に相談を!

抗てんかん薬との飲み合わせに注意!

葉酸サプリと相性が良くない薬の中でも、特に注意したいのが抗てんかん薬です。てんかんの持病を持っている方は、葉酸サプリを飲む際には注意が必要です。抗てんかん薬と葉酸サプリを一緒に飲むと、葉酸の効果により薬の成分が排出されやすくなってしまい、効果が得られにくくなるのです。

 

特に、

  • フェノバルビタール
  • バルプロ酸

これらの薬には注意が必要です。

 

てんかんの持病をお持ちの方が葉酸サプリをどうしても摂取したいという場合には、担当医とじっくり相談しておくことが必要ですね。

抗生物質もよく確認を!

免疫力が低下している妊娠中などには、感染症にかかるリスクも高くなります。そこで、熱を出した時などによく用いられる薬と言えば抗生物質が挙げられますね。実は、抗生物質の中には葉酸サプリと相性が良くないものがあるのです。

  • クロラムフェニコール

この抗生物質と共に葉酸サプリを取りいれても、葉酸還元酵素を抑制してしまう作用があるため、葉酸が持つ効果が低下するのです。抗生物質にも色々な種類がありますので、葉酸サプリを飲んでいること、妊活中や妊娠中であることなどを医師に相談し、薬の種類を考えてもらうようにしましょう。

合成抗菌薬も気を付けて!

女性によくある病気の1つとして、尿路感染症が挙げられます。この尿路感染症に用いられる合成抗菌薬の中にも、葉酸サプリと相性が良くないものがあるのです。

  • トリメトプリム

この薬は、ジヒドロ葉酸還元酵素を抑制してしまう作用を持っています。そのため、せっかく葉酸サプリを取りいれても、葉酸の働きが阻害されてしまい、効果が得られにくくなるのです。

 

特に妊娠中に尿路感染症になってしまった場合には、産婦人科で担当医に相談して、葉酸との飲み合わせの問題の無い薬を処方してもらうなど、工夫しましょう。

薬を飲むなら時間をあけて!

基本的に葉酸サプリは、サプリメントなので薬と併用しても問題が無いことが多いです。中には相性が悪いものもありますが、医師に相談して、問題なしと判断された場合は併用しても良いでしょう。

 

ただ、それでもどうしても不安という場合には、薬と葉酸サプリの飲む時間を1時間ほどあけてみましょう。続けて1度に飲むと、それぞれに影響し合ってしまう可能性がありますが、十分に時間をあけて飲めば、影響が出にくくなります。

葉酸サプリのランキングトップへ



関連ページ

安全に取り入れていくためには用法・用量を正しく守って摂取を!
葉酸サプリは健康食品に分類されるサプリメントですので、医薬品のように厳密な飲み方のルールがあるわけではありません。ですが、安全に取り入れていくためには、やはり用法・用量についてはしっかり守っていくことが必要です。
飲んだり飲まなかったりはダメ!継続的に摂取しよう!
葉酸サプリは、あくまでもサプリメントであり、1度飲めば効果が期待できる医薬品などとは違います。じっくり摂り続けてこそ、少しずつ体に嬉しい効果をもたらしてくれるものですので、気分次第で飲んだり飲まなかったりという方法は非効率的なのです。毎日コツコツ、継続的に摂りいれる努力をしてみましょう。
小さなお子さんがいる家庭では子供の誤飲にも十分に注意して!
葉酸サプリは、主に妊活中や妊娠中に取りいれるサプリですよね。そのため、小さな子供がいる家庭で飲まれていることが少なくありません。そこで注意しなければならないのが、「子供の誤飲」なのです。