葉酸サプリで病気のリスク低減にも役立つ!

MENU

不足すると様々な病気のリスクが高まる!

葉酸が不足していたとしても、それほど大きな問題は起こらないと軽く考えてしまっている方もいます。ですが、実は葉酸不足は、時に深刻な病気のリスクを高めてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

不足すると様々な病気のリスクが高まる!

心疾患のリスクが高まる!

突然死の危険もある怖い病気の1つと言えば、心疾患ですよね。

  • 狭心症
  • 心筋梗塞

これらの病気は、医療が発達した現代においても、命を落とす危険性の高い病気として知られています。実は、葉酸不足はこれらの恐ろしい病気のリスクを高めてしまうことも分かっているのです。

 

これは、ビタミンB群の一種である葉酸には、血液中のアミノ酸「ホモシステイン」といわれるものの濃度を下げる働きがあるためです。ホモシステインの濃度が下がれば、血液がサラサラと流れやすくなり、動脈硬化を防ぐことができます。その結果、心疾患を予防することができるというわけですね。

 

逆に葉酸が不足してしまうと、この濃度が高まることにより、心疾患のリスクが高まるのです。自分の命を守るためにも、葉酸サプリなどをうまく活かして、葉酸不足を起こさないよう注意していきたいですね。

葉酸不足が認知症の原因に!

医療が発達した今でも、根本的な治療法が見つかっていない病気の1つとして、認知症が挙げられます。原因もはっきりとは解明されていませんが、実は認知症が発症する一因には、葉酸不足があるのではないかと考えられているのです。

  • 葉酸不足で脳細胞がうまく作られにくくなる
  • ホモシステインが上昇してしまい脳の健康を維持しにくくなる

これらのことが、認知症リスクを高めるのではないかと言われています。もちろん、全ての認知症の原因が葉酸不足というわけではありませんが、不足するとリスクが高まることは確かです。認知症を予防するための1つの方法として、葉酸サプリを摂取してみると良いでしょう。

葉酸不足で癌のリスクが上がるかも!

葉酸不足は、もう1つ、現代の日本人が命を落とす大きな原因となっている病気「癌」のリスクを高めてしまうことも分かってきています。

 

癌というのは、細胞の遺伝情報がミスコピーされてしまった場合に起こる可能性があるものです。葉酸には「細胞を作る」という働きがありますので、葉酸が不足していると、ミスコピーも起こりやすくなる恐れがあるというわけですね。

 

ただし、これについては医学的な証明は、今のところありません。また、逆にすでに癌を患っている方が葉酸を過剰に摂取すると、進行を早めてしまう恐れがあるとも言われています。

 

これらのことから、健康な方が適量の葉酸を摂取していく方法なら、癌予防にも効果が期待できると考えることができますね。

葉酸サプリのランキングトップへ



関連ページ

葉酸不足は胎児の成長に影響を及ぼす可能性あり
妊活中・妊娠中にできるだけ積極的に葉酸を摂取するように推奨されている理由の1つは、この時期に葉酸不足になると、胎児の成長に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるためです。胎児の健やかな成長のためにも、厚生労働省からも葉酸サプリの摂取が推奨されています。
葉酸不足でマイナートラブルが悪化!
葉酸が不足すると、困るのはお腹の中の赤ちゃんだけではありません。実は葉酸不足は、ママの体にも様々な悪影響をもたらしてしまいます。命に関わることはなくても、なんとなく不快で厄介なマイナートラブルも、葉酸不足が原因になっている可能性があるのです。
美容面でもいろいろな悪影響をもたらす!
葉酸不足は、赤ちゃんの健やかな成長を妨げたり、成人の様々な病気リスクを高めるといった悪影響をもたらすだけではありません。なんと、多くの女性にとって大きなテーマである「美容」という面でも、いろいろな悪影響が懸念されるのです。キレイを維持するためにも、葉酸はしっかり摂取していきたいですね。